株式会社宇治和束園

  • 茶畑
  • 茶師
茶師

お茶のある、
豊かな暮らしを
届けたい。

俯瞰茶葉

株式会社宇治和束園の代表取締役・岡本志津代の父、辻重行は、
大阪市を拠点に家庭用の日本茶の製造・流通を手がける、株式会社山城物産の創業者です。
山城物産は1960年に創業以来、宇治茶の名産地・京都府和束町の工場で、
上質なお茶をつくり続けています。長い伝統を持つお茶の業界に新しく参入した背景もあり、
創業以来、斬新なアイデアや企画で業界の常識に挑んだことで、今へと繋がっています。
宇治和束園はそんな山城物産のDNAを受け継ぎ、暮らしのスタイルが変わり続ける中でも、
お茶のある豊かな暮らしを守るため、その魅力を提案していきたいと思います。
お茶を育てる農家、摘んだ茶葉を加工する職人、それを店舗へと卸す商社の方々。
たくさんの人の仕事が密接に関わることで、お茶の世界は長い歴史を重ねてきました。
そのように昔からわたしたちの生活と密接に結びついたお茶の産業。
そんな世界を守るためにも、時代に合わせた柔軟な方法でお茶の楽しみを伝え、
お茶のある、豊かな暮らしを届けていきたいと思います。

和束町マップ

お茶を育み、暮らす町。
「茶原郷」宇治和束。

俯瞰茶
和束町1
和束町2

宇治和束園の現地工場を構える和束町は、京都府南部、宇治市の南側に位置しています。日本茶の産地としての歴史は古く、鎌倉時代にまで遡ります。1195年ごろ、海住山寺の住職であった慈心上人が、明恵上人よりお茶の種子を譲り受け、 現在の和束町にまたがる鷲峰山に植えたのが由来とされています。雨が多く、昼夜の寒暖差が大きい気候、水はけがよく肥沃な土壌。木津川の上流・和束川にも恵まれ、朝は川霧が発生するなど、和束町は、お茶の栽培にはこれ以上ない土地です。山肌を埋めつくす、見渡す限りの茶園。お茶の生産量は宇治茶の半分を占め、茶産業が盛んで、町のあちこちにお茶の工場が立っています。お茶と働くこと、暮らすことが一体となり、長い時間を紡いできた「茶源郷」、それが和束町です。

和束町マップ

上質なお茶を生む、
職人の技術

職人の技術1
職人の技術2

宇治和束園京都工場では、地元和束の茶生産農家だけではなく、全国各地の銘茶生産農家とも提携し、お茶の開発に携わっています。様々な品種、地域、生産家によって出来上がる茶葉は、そのそれぞれに香りやコクに優れるもの、色味を鮮やかに表現するものなど、実に多種多様な特徴を持ち合わせています。また農産物である茶葉は毎年全く同じものができるものでもありません。その特徴を目、鼻、舌、手触りなどを活かして感じ取り、ブレンドし、安定した品質の茶葉を生み出す技術を「合組」といいます。そんな「合組」の技術は、感覚と経験を積んだ「茶師」によってなされます。求められる商品に対して徹底した品質管理。安心して美味しいお茶をご提供できる背景には、職人たちの丁寧なこだわりの結晶があります。

職人の技術
職人の技術1
職人の技術2
代表取締役 岡本志津代

茶葉本来のおいしさを伝え、
お茶のある時間を大切にしたい。

わたしが子供の頃、お茶はまだまだ家庭で淹れる身近な存在でした。そこにはほっとする時間があり、家族の団らんがあり、なにより美味しいお茶の味わいがありました。しかし最近では、ティーバッグやペットボトル飲料がお茶の消費の大半を占めるようになり、便利な反面、そんな何気ない、けれど大切にしたい時間は少なくなってしまいました。長年お茶に携わってきたわたしたちは、やはり茶葉本来の美味しさを味わっていただきたいと感じています。そうして、お茶を淹れるゆったりとした時間、お茶を飲みほっと一息入れるひと時を提供していきたいと願っています。宇治和束園のお茶は、食卓、レストラン、病院、学校、会社、色々なところで、ほっと一息できるひと時を、ご提供させていただければと思います。

代表取締役 岡本志津代

ティーバッグやペットボトル飲料には無いお茶を淹れる豊かな時間。そんなひと時を、日常生活の中でもっと気軽に楽しんでもらいたい。そんな想いから、ハンドドリップで茶葉の豊かな香りと味わいを引きだせる、グリーングラスブリューティーは生まれました。ハンドドリップで一杯ずつ丁寧に淹れる、日本茶の新しいスタイル。現代のライフスタイルで暮らしの中に無理無くとけ込み、お茶を淹れる時間を持つことの楽しみを感じていただける。そんなライフスタイルをグリーングラスブリューティーはご提案していきます。

お問い合わせ

ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせ下さい。
お電話での受付時間は平日の10時-17時となります。

会社概要

株式会社宇治和束園
昭和61年2月1日
代表取締役 岡本志津代
1000万円
日本茶・中国茶・健康茶の卸し販売、企画開発
〒550-0015
大阪府大阪市西区南堀江4丁目32-21
TEL : 06-6531-1818
〒619-1223
京都府相楽郡和束町杣田
葉イメージ

沿 革

昭和35年2月1日
山城物産製茶問屋として開業
昭和46年2月25日
株式会社山城物産設立
昭和52年9月
山城物産本社ビル完成
昭和58年7月
山城物産京都工場完成
昭和61年2月1日
株式会社宇治和束園設立
平成3年4月1日
業務事業部設立
令和2年
宇治和束園社屋完成と共に
山城物産業務事業を継承
葉イメージ